埼玉県川口市の女性弁護士による、相続・離婚の法律事務所

〒332-0034 埼玉県川口市並木2丁目4番5号       第二マサキビル303号室

受付時間 9:30~17:30(平日) 

048-271-5085

弁護士紹介

代表弁護士 水内 麻起子

略歴

○私立桜蔭中学校・高等学校卒業(東京都)

○ 東京大学法学部卒業

○ 一橋大学大学院法学研究科修士課程修了 公共政策法(英米法)専攻


平成17年10月弁護士登録

○国際家族法弁護士アカデミー(the International Academy of Family Lawyers  IAFL)会員

○ 日本弁護士連合会(日弁連)ハーグ条約事件対応弁護士紹介名簿への登録弁護士

○ 在日アメリカ大使館、カナダ大使館、オーストラリア大使館の英語を話す弁護士名簿登録弁護士

委員会活動等

○ 日本弁護士連合会家事法制委員会委員

○ 日本弁護士連合会ハーグ条約ワーキンググループ委員

○ 日本弁護士連合会国際人権問題委員会幹事

○ 埼玉弁護士会高齢者・障がい者権利擁護センター運営委員会委員

○ 埼玉弁護士会両性の平等委員会委員

〇 埼玉弁護士会外国人人権センター運営委員会委員長(平成28年6月~)

現在

○ 平成28年5月川口市社会福祉協議会成年後見センター運営委員会委員長

○ 平成26年4月~埼玉県後期高齢者医療審査委員会委員

○ 婦人相談センター、ウィズユーさいたま相談担当

○ 平成26年4月~川口市商工会議所相談担当

著作等

・2015年7月 川口市商工会議所の会報誌 'MOVE' に相続の記事を寄稿

・2009年5月 日本弁護士連合会「委員会ニュース」の国際人権問題委員会ニュースに、「日弁連主催 日本の経験 ワークショップ」と題して、日弁連の国際人権問題委員会のイラク弁護士に対する国際人権法、人道法トレーニングについての報告を寄稿した。

・2009年8月 人種差別撤廃委員会に対する日本政府の第3回~第6回政府報告書に対する日弁連カウンターレポートにおいて、第3部「定住外国人についての諸問題」を担当して記載した。レポートは国連の人種差別撤廃委員会に提出された。

・2009年10月「プラハの裁判所」と題して、日本弁護士連合会発行の「自由と正義」平成21年10月号の巻頭の世界の裁判所の項に寄稿した。2009年2月のイラク弁護士に対する国際人権法,人道法トレーニングと同時期に、プラハの地方裁判所を訪問し、刑事裁判官と面談し、チェコの裁判制度と刑事裁判について聞き取り及び裁判所見学をした際の記事である。

・2010年6月 日本弁護士連合会発行の「自由と正義」平成22年6月号において、
「人種差別撤廃委員会による日本の審査について」を共著で執筆した。内容は、第3回ないし第6回の審査及び総括所見についての分析と日弁連の活動についてである。

・2010年11月 日本弁護士連合会発行の「自由と正義」平成22年11月に、「ハーグ条約に関するガイダンス」を寄稿した。内容は、ハーグ条約に関して2010年7月に開催されたセミナーの際のハーグ条約の概要について記載したものである。

・2011年3月 外国人の法律相談Q&A 第二次改訂版 第一東京弁護士会人権擁護委員会国際人権部会編 共著 (第7章「留学・研修・技能実習」一部執筆)(株)ぎょうせい

・2011年11月日本弁護士連合会「委員会ニュース」の国際交流問題委員会ニュースに、「現地だより ベトナム」と題して、ベトナム弁護士連合会による弁護士過疎のベトナム北部と中部の省の弁護士会の調査及び、弁護士会の実情について寄稿した。

・2013年1月 日本弁護士連合会「自由と正義」世界の裁判所の項に寄稿
タイトル「ダブリンの裁判所とNGO」IBAダブリン大会の際に訪れた裁判所と、大会のセッションでパネリストをされていた方所属の和平交渉、和解を行っているNGOについて寄稿した。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

048-271-5085

受付時間:9:30~17:30(平日)

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

048-271-5085

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

お問合せの詳細はこちら

ご連絡先

代表弁護士の
水内麻起子です

みもざ国際法律事務所
Mimosa International Law Office

〒332-0034
埼玉県川口市並木2丁目4番5号
第二マサキビル303号室
TEL 048(271)5085

弁護士紹介はこちら