埼玉県川口市の女性弁護士による、相続・離婚の法律事務所

〒332-0034 埼玉県川口市並木2丁目4番5号       第二マサキビル303号室

受付時間 9:30~17:30(平日) 

048-271-5085

遺産分割調停の相手方となられた方へ

遺産分割の調停では、調停の相手方となった相続人の方は、申立の分割方法、内容と異なる分割を希望される場合、調停の場で、ご希望を主張する必要が出てきます。


この場合に、たとえば、寄与分を主張される場合や、ほかの相続人が被相続人(亡くなられた方)からすでに特別受益を受けていたことを主張される場合など、法律的な根拠に基づき主張する必要があります。


こういった場合、法律の専門家である弁護士を代理人にたてられると安心です。


遺産分割の調停・審判手続(調停がまとまらない場合)で代理人をたてられることをおすすめいたします。

遺産分割の調停・審判手続で代理人となることができるのは弁護士だけです。

 

下記もご覧ください

相続の基礎知識

遺言について

相続のご相談

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

048-271-5085

受付時間:9:30~17:30(平日)

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

048-271-5085

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

お問合せの詳細はこちら

ご連絡先

代表弁護士の
水内麻起子です

みもざ国際法律事務所
Mimosa International Law Office

〒332-0034
埼玉県川口市並木2丁目4番5号
第二マサキビル303号室
TEL 048(271)5085

弁護士紹介はこちら